宇都宮短期大学からのお知らせ

お知らせ

平成29年度 夏季キャンプ実習

8月7日(月)〜10日(木)、長坂キャンパスにて、3泊4日のキャンプ実習が行われました。「野外活動機廚亮業を履修してキャンプインストラクター資格取得を希望する宇都宮共和大学子ども生活学部1年生と宇都宮短期大学人間福祉学科1年生、合わせて29名が参加しました。2年生6名も、4日間を通して運営スタッフとして協力しました。 1日目は台風が心配される中、午後1時から開講式。その後、予定されていたテント設営は、夕方からの激しい雨風を考慮してキャンプサイトのみ設営し、少し早めの夕食づくりとなりました。どの班も手際よく、キャンプの定番「カレー」を作りました。夜は、雨のため、多目的アリーナに宿泊しました。 2日目も朝からすっきりしない天気ではありましたが、予定どおり、午前中は竹を使った菜箸作り、午後はレクリエーションゲームやスポーツを行いました。皆とても楽しそうに参加していました。 3日目は、さまざまな自然体験活動について、「とちぎYMCA」の講師に指導していただきました。グループごとにネイチャーゲームやイニシアティブゲームを体験しましたが、暑い中にもかかわらず、元気に積極的に取り組みました。 夜は、多目的アリーナでキャンドルファイヤーを行いました。歌やゲームで、キャンプ実習最後の夜を楽しみました。それぞれが小さなロウソクの炎をじっと見つめながら、あっという間の3日間をふりかえりました。この日の夜は、3日目にして初めて、テントで寝ることができました。 キャンプ指導者になるための仕上げの実習を通して、本来の自然の姿や仲間とのつながりを深めていくことの喜びを実感できました。