宇都宮短期大学からのお知らせ

お知らせ

第2回リカレント教育のためのピアノ研修会  講師:今井 顕 先生

9月28日(土)須賀友正記念ホールにて、「第2回リカレント教育のためのピアノ研修会」を開催しました。
講師に、本学音楽科名誉教授でウィーン国立音楽大学終身名誉教授である今井顕先生をお招きしました。地域の音楽関係者や卒業生など約300名に対して、「なぜモーツァルトでなくハイドンなのか、なぜショパンでなくシューベルトなのか、演奏における個性を考える」というテーマで、親しみやすい解説を交えながら、素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。ハイドンの変奏曲に込められたドイツ国歌のテーマと政治の関係、シューベルトの本質である「さすらい」と「死」など、オーストリア・ウィーンを代表する二人の作曲家について、参加者はそれぞれ、大いに興味を深めた様でした。
「第3回リカレント教育のためのピアノ研修会」は、2020年2月11日(火)14時より赤松林太郎先生をお招きして開催いたします。