宇都宮短期大学からのお知らせ

お知らせ

食物栄養学科 第14回うつのみや食育フェアに出展

10月6日(日)に宇都宮城址公園において開催された第14回うつのみや食育フェア(宇都宮市保健福祉部保健所主催)に出展しました。
雨の中ではありましたが、4万人近くの来場者が集まり、食育に関する約80のブースを訪れて食に関する様々な展示や試食を楽しまれていました。本学の食物栄養学科からは、学生が中心となって「みなぎるパワーは朝食から」というテーマで発表と試食会を行いました。この日のために夏休み明けから準備を進めてきた、「健康な生活を送るための生活習慣として朝食はとても大切」 というメッセージをポスターにまとめて説明し、「朝食美人ごはん」と名付けた朝食メニューの試食会を行いました。  
約200人の来場者が、発表を聞いて試食をしてくださり、「一生懸命さが伝わってきた」 「試食がおいしかった」などの感想に、ニラやパプリカなどの地元の食材を使って試行錯誤を繰り返してきた苦労も報われた思いでした。マスコミの取材もあり、カメラやマイクの前では少し緊張しましたが、子どもからお年寄りまで多くの人たちの前で発表ができたことで多くの事を学びました。10月26日(土)には、地元のコミュニティ放送局「ミヤラジ」に学生2人と百田学科長が出演し、今回の食育フェア出展にこめた思いや朝食の大切さについてお話ししました。