宇都宮短期大学からのお知らせ

お知らせ

食物栄養学科 オープンキャンパス・パティシェ体験

6月1日(土)、絶好の天候のもと今年度第一回オープンキャンパスが開催され、新設の食物栄養学科には、将来、地域に貢献できる栄養士・管理栄養士を目指す高校生が大勢参加しました。  地域とのつながりの中で食育や健康を教育研究する学科の紹介や、入試・奨学金に関する情報提供、食に係る実験・体験のコーナーなど盛りだくさんの内容でした。 模擬授業は、オトワレストランの音羽元シェフと音羽明日香パテシェ―ルによる「テロワール(地産地消)によるお菓子づくり」。栃木産の美味しい卵と牛乳を用いた、オレンジのクレムブリュレの実習です。 国産のル・カンテンウルトラとトレハロースを応用することで、ヘルシーで美味しさが長持ちする工夫を加えたもので、海外からも注目されているとのこと。参加者は、プロの技と見事な出来栄えと味わいに大満足で、次回のオープンキャンパスにも期待が高まりました。 次回のオープンキャンパスは、7月20日(土)9:30〜。 模擬授業は、KouHakuオーナーシェフによる「ヘルシー・簡単“スコーン”を紅茶とともに!」です。 プロフェッショナルとの出会いが、今から楽しみです!